【ゆず・夏色】五時半の夕焼け、交通違反、にぎりしめられたブレーキ等、様々な問題に真っ向から挑む

【ゆず 夏色 歌詞 場所】

長い長い下り坂を君を自転車の後ろに載せてブレーキ一杯にぎりしめてゆっくりゆっくりくだっていくゆずの代表曲・夏色。

よく議論されるのが『二人乗りは交通違反ではないのか?』という点で、道路交通法からすれば自転車の二人乗りは違法となっております。

僕も中学生時代に友達と二人乗りしてて警察に注意された事があります。当時あまりに暇だった僕とこのみ君は、自転車が進んでいる状態で前後入れ替わる、後ろに乗っている方がペダルをこぐ等、二人乗りの新たな可能性を生み出す事に命を懸けていた時期もありましたが全て違法です。

長い下り坂をブレーキ握りしめた状態でゆっくり下るのも宇宙の物理法則に反する行為なのでなかなか難易度高いのですが、この歌にはもう一つ意味不明な言葉が記されています。それが『五時半の夕焼け』というワードなのですが、日本国内に五時半に夕焼けが見える場所は存在しません。

日本国内で五時半の夕焼けがえる場所は存在しないと記載しましたが僕の調査不足でした。有識者の方から『8月1日の東京都小笠原村南鳥島なら見れます』というご指摘があり再調査したところ、ドンピシャで見れる事が判明しました。もしかしたら他にも日本国内で見れる場所があるかもしれませんが、そうなってくると今からの記事が全てゴミ箱行きになってしまいますので、日本国内の話は別の記事で調査したいと思います。

 

日本国民の過半数以上が『ブレーキ一杯にぎりしめ・交通違反・五時半の夕焼け』この3点に疑問を抱きながら日々言葉にできない苦しみと共に生きておられますので、解消に向けて全力で調査したいと思います。

 

まずは場所の特定です。ゆずの2人が主に活動している東京で夏に夕焼けが見える時間は上図。18時46分が日の入りなので、夕焼けは10分前に見えると仮定して(実際は10分前かどうかは知りません。30分前かもだけどそこは気にしない)東京で夕焼けが見れるのは18時36分ぐらいです。これじゃあ五時半の夕焼けは見れない。そこで世界各国・五時半に夕焼けが見れる場所を調査しました。

 

夏に五時半の夕焼けが見れる場所は大まかにオーストラリア大陸、南アメリカ大陸、アフリカ大陸、この3大陸内です。それぞれの大陸内で五時半の夕焼けが見れる場所はいくつかありますが代表として一つずつ取り上げていきます。

 

オーストラリアのボロン周辺で五時半の夕焼けが見れます。

 

南アメリカのリオデジャネイロ周辺で五時半の夕焼けがみれます。

 

アフリカのチンコナチュラリザーブ周辺で五時半の夕焼けが見れます。

 

要するにゆずの2人は日本ではなくボロンかリオデジャネイロかチンコナチュラリザーブ周辺の長い長い坂を自転車でくだっていったという事になります。この時点ですでに日本の道路交通法が適用できなくなりますので『2人乗り=交通違反』だという日本の法律は全く意味を成しません(現地の交通法までは調べる気が起きません)

これで五時半の夕焼けと交通違反の問題は解消です。今までゆずの2人に対して『違法だ!違反だ!』と言っていた方はまず現時点で1度ゆずに謝る必要があります。

さてここからが一番の問題。

ブレーキをかけたまま坂道をくだってく事ができるのか?

色々考えましたが『タイヤが回らないと前に進む事できないだろう』と僕らしからぬ弱気な姿勢でこの問題を放置してきた事を謝罪いたします。

考え抜いた末に1つだけこの矛盾を破る方法を発見しました。それは『カチカチに凍結したそこそこの急斜面に滅茶苦茶な勢いを付けて飛び込めばブレーキ握りっぱなしでもくだって(すべって)けるだろう』気が付いてみれば単純な事ですよね。要するにチャリでアイスバーンに突っ込めばいいんです。

歌詞の中には『ゆっくりゆっくり』という記述がありますが、その辺は実際の斜面と相談し、勢い次第でどうにか調節できるかと思います。

しかし3大陸全て南半球ですから勝手なイメージで『雪が降るほどの気温まで下がる事はないだろう』と思っていました。するとどうでしょう。

 

【アフリカ 雪】で検索

 

なんとアルジェリア・サハラ砂漠にも雪が降るのです。無常なる人の世を全て許すように一週間も降り続き、そこそこのカチカチ感を醸し出しているのです。

いける!なんだかいけそうな気がする!今夢が現実になろうとしています。すこし地面は溶け気味ですが、この感じならカチカチに凍結している長い長い下り坂も存在しているはずです。ちょっとサハラ砂漠周辺で五時半の夕焼けが見れる所を探します。

 

ダメです。一番早い場所で19時10分の夕焼けしか確認できず。しかしアフリカでこれだけ寒波が猛威をふるってくれるのであれば、おそらくオーストラリアはもっといけるのではないか?

【オーストラリア 雪】で検索しようとしたら予測変換で【オーストラリア 雪山】が出たのでこちらをクリック。出た!!

・オーストラリアで珍しく雪が降る場所

・オーストラリアのアルプス

ここに違いない。調べてみると地名はその名も『マウントブラー』早速五時半の夕焼けの有無を調査してきます。

 

き…来たーーーーーーーー!!!!

17時28分とギリギリにはなりますが17時20分も30分も大して変わりません。これは五時半の夕焼けと言っても過言ではないでしょう。調査しているのは2018年8月1日なので、日にちを前後させれば絶対に見る事ができます!

夏色っていうか冬色になってしまいますが、北半球と南半球では季節が逆転しているのだからもうその辺は曖昧に濁しましょう。オーストラリアの冬は、ゆず(日本人)にとって夏なのです。

長年の研究の末、ついに判明しました。

 

ゆずが五時半の夕焼けを浴びながら長い長い下り坂を君を自転車を後ろに乗せてブレーキ一杯にぎりしめてゆっくりゆっくりくだって行った場所はオーストラリア・マウントブラー周辺

どうですか、ゆーじんさん。がんちゃんさん。夏色の発売から20年も経った後に、ここまで世界を巻き込む戦いになるとは夢にも思っていなかった事でしょう。

好きな曲ベスト3は朝もやけ・始発列車・直径5mmと非常にマイナー路線を突っ走ってますが実はぼく、ゆずのファンなんです。

もしこの記事が2人の目に止まるような事があれば、その時は僕に敬意を表し、着払いでサインを送って頂ければ有り難く思います。あわよくばご来店をお待ちしております。ちなみに…

【マウントブラー 二人乗り 交通違反】で検索

日本国内の情報しかでてきませんでした。おそらくマウントブラーは積雪で危ないので、ゆず以外の人は自転車に乗っていないのでしょう。

 

 

4 件のコメント

  • 考察が面白かったのでコメントさせていただきます.
    「ブレーキいっぱい握りしめて」という文はありますが,タイヤが止まっていたという表現はない.
    従って,ブレーキを目一杯かけても停車出来ない坂道だったと考えました.二人乗りであれば車体の重量も増えますし十分考えられると思うのですがいかがでしょうか.

    • みずきさんご意見ありがとうございます!今回僕は『力いっぱい握ったら効くブレーキ』を前提とした記事を書いたのですが、みずきさんのおっしゃっている様に『ブレーキの利きが悪い自転車』もしくは『力いっぱい握っても効かないぐらいの急勾配』の可能性を全く考えておりませんでした!盲点でした!これによって結果(ゆずの二人がドコの坂道をゆっくり下ったのか)が変わるかもしれないので改めてしっかり考察してみます!ここで書いてるととんでもなく長くなる可能性あるので、新たな続編記事として近々書かせて頂きます!問題提起、ありがとうございました!

  • 日没前後それぞれ30分ほどが夕焼けのきれいに見える時間帯ですね。しけし、真夏(8月1日)に東京都内で17:30に日没を迎える場所があります。

    東京都小笠原村南鳥島。

    ここなら日本の首都東京にいながらにして、17:30どころか17:00ごろから夕焼けを望めます。

    自転車での二人乗りは都道府県の条例によります。
    南鳥島は東京都なので都条例準拠で進めますが、サーキットのような完全な私有地なら道交法適用外なのでセーフ。また、タンデム(二人漕ぎ)車なら場所によりOK。
    さらに、専用器具を取り付けた16歳以上が、6歳未満の子供を『後ろに乗せて』運転するのも合法です。

    ブレーキは左右で前後それぞれを操作しますが、歌詞では両手とも『いっぱい握りしめて』いるとは明示されていないので、片側、恐らくは後輪のみ掛けている可能性もあり。あるいはブレーキかけつつ漕いでいるかもしれません。

    • 名無しさんニューヨークの記事に続きコメントありがとうございます!なるほど!そこまでは考えが及びませんでした!まず『専用器具を取り付けた16歳以上が6歳未満の子供を後ろに乗せて運転するのも合法』という部分につきましては夏色発売当時のゆずの片方が6歳未満ではないので適応できず除外となりまして、それ以外の条件で名無しさんのコメントを整理致しますと、『8月1日に東京都小笠原村南鳥島の私有地の坂で二人漕ぎ用の自転車に乗って後輪か前輪どちらかのブレーキを力いっぱい効かせた状態でゆっくり下っていっている』という説も浮上するという事になります!片方のブレーキがどれだけ効けば整備不良にひっかからないのか?という点が気になったので調査しましたところ、神奈川県警のサイト【https://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf2024.htm】で『ブレーキ装置は備えているが制動効果が不十分の場合は違法』という記述を見つけました!詳細は『両方のブレーキを力いっぱい握りしめて静止しなければいけない距離は乾燥した平坦な道で時速10Kmで3m以内』でしたが、片方のブレーキを力いっぱい握りしめた状態でも坂を下ってしまうレベルの制御効果が違法になるかどうかまでは記述されておりませんでした!さらにブレーキかけたまま漕ぐという発想も僕のなかにあらず、たしかに小学生時代の自らの愚行をを思い出してみるとブレーキかけたまま漕ぐとゆっくり進むんですよね。それを考慮すると『ブレーキ力いっぱい握りしめてゆっくり下っていく』の部分に関してはこれ以上言及できず、記事の様な難しい考えを行う必要なく『どんな坂道でもゆっくり下る事ができる』のです。となれば問題は『地球上で5時半に夕焼けを見れる坂道(勾配は考慮しない)』に絞られることになります!何か答えに近づいたような気がしましたが、冷静に考えると無限大に広がりました!もう答えを見つける事は不可能っぽいですね!ご協力ありがとうございました!