僕の味覚がシュミテクトに破壊されました

 

こんばんわ!

夜、家に僕以外は誰もいない状態でホラー映画『リング』を見ている時に作品内で呪いの電話がかかった瞬間、自宅の電話も同時に鳴り出してガチビビりして布団の中に逃げた丸窓店主です!

 

背筋の凍るようなその事件は、昨夜おこりました。

知り合いの店に飲みに行って、0時半すぎに帰宅した僕。

少し飲み足りない感じだったし、嫁さんも起きてたので、話をしながら最近はやりのストロング缶350ml(コーラ味)一本を飲み終え、将来の不安をかき消しました。

嫁さんが歯を磨いている横で、趣味の将棋の勉強を行う僕。

勉強と言っても、将棋ユーチューバー(クロノさんアユムさんアゲアゲさん)の動画を見てるだけなんですけどね。

 

酔っぱらっている状態で見ていたら確実に眠くなる。

それが将棋と言うゲームなのです。

 

椅子に座ったまま頭をぐらんぐらんグラインドさせながら2四歩成とか夢うつつ聞いてたら、嫁さんに『さっさと歯を磨いて寝なさい』と正論を突き付けられたので従いました。

 

最近、歯磨き粉の残量がかなりギリギリだという事には気が付いてました。

毎日そこそこの力でひねり出してましたから。

そろそろ新しい歯磨き粉を嫁さんが出す季節なのではなかろうか、と。

 

洗面所に行くと、まさにこのタイミングで新しい歯磨き粉が出現。

その名もシュミテクト。

漂う高級感、圧倒的な存在感。

 

あと2~3回分の残量がある薄っぺらい歯磨き粉が横にあったのですが、僕は酔っぱらって気が大きくなっており『シュ、シュシュミテクトを試したい!』という衝動を抑える事ができませんでした。

 

歯ブラシにシュミテクトを、そっと、ひと乗せ。

 

するつもりが、日々薄っぺらい歯磨き粉と戦っていたせいで、力の加減が狂い、歯ブラシからこぼれ落ちるレベルの大量のシュミテクトがシュミテクトして来たのです。

 

『ぐわあ!出しすぎた!』

『まあいいや』

 

常人使用量の4倍を超えるシュミテクトを口に含み贅沢な時間を味わう僕。

洗面所は暑いので、部屋に帰ってふかふかビーズクッションに腰を落とし歯を磨いていたらそのまま寝てしまいました。

 

 

深夜3時半

口の不愉快さに目が覚めました。

 

『なんか痛ぁい』

 

そして床に落ちている歯ブラシを見て気が付くのです。

 

僕の口内が約2時間半シュミテクト漬けになったという事実に。

 

一刻も早くガラガラペーを実行すべく洗面所へ瞬間移動したのですが、時すでにお寿司。いくらガラガラペーしても口の違和感は取れません。何度も何度もやりました。ドリカムでもここまでやらないんじゃないか?レベルのうがいを繰り返し行ったのです。

しかしこれ以上のうがいは無意味だと痛感。おそらく10001回やっても結果は同じ。この時点で口内の状況はどうなっていたのかといいますと、なんか全体的にボロボロな感じ。激痛はないんですが、全体的にヒリヒリと。

 

『寝よ』

 

正直そんな気にもせず『明日になったら治ってんだろ』感覚で就寝。

 

 

そして翌日

違和感は残ったままですが、想いは昨夜と変わらず『ほたっときゃ治るだろ』感覚で出勤。

しかし痛いもんは痛いし、軽い笑いぐらいとれる話だったので、朝の挨拶を終えてすぐ、スタッフの安部さん(仮名)にシュミテクト事件の全貌を語った所『それブログに書いてくださいよ』と言われました。

まあ面白いっちゃ面白いけど、破壊力が無い。

正直『ブログとしてはオチが弱いな』と感じていたのです。

 

その時は。

 

 

そして夜が来ました

営業時間も変わり、昼と夜のスタッフが入れ替わりました。陶板焼きのタレが無かったので、味付けの仕込みに手をかけたのですが、いくら塩気を足しても味が薄いのです。

理由が全くわからない。

タレの味付けに使用する『天だし』を飲んでみたのですが、ほとんどお茶。うっすらと味がするぐらい。

 

『これは誰かが天だしとお茶を混ぜたんだろうな』

 

当店では現在『ほうじ茶』を提供しており、天だしとお茶の色合いが非常に似ている為、どこかのタイミングで2つが混ざり、味が薄くなったという結論になりました。滅多にこういう事はありませんが、可能性としてはゼロではありません。人間がやってる仕事なので。

 

こうなってはもう使えないので捨てる事に。

 

ただ捨てるだけではもったいないので、スタッフのゆうすけ君(仮名)に味見をさせてみました。『薄っ!』という感情をシェアした上で捨てたかったのです。

 

『ね?お茶みたいやろ?』

 

『いや、普通に美味しいですけど』

 

『ええー!この違いが分からんの?』

 

『自分、普通にこれでそうめん食べたいです』

 

『嘘やろ!こんなんほぼお茶やん!じゃあ今から新しく天だし作るけん、味比べしてみてん!絶対薄いけん!』

 

 

天だしを作成し、味見してみたところ。

 

『薄い・・・』

 

うちの天だしは濃縮液と水を決まった割合で混ぜるだけなので、味が変わる事はありません。そういう過程で作った天だしが薄いわけがない。

まさかと思い、少し塩を舐めてみる。

 

『味がしない・・・』

 

そうなんです。

天だしの味が薄くなっていたワケじゃないんです。

僕の味覚が完全に麻痺してしまっていたのです。

 

犯人はアイツしかいませんそうシュミテクトです。口がヒリヒリするだけならまだしも、シュミテクトは僕の味覚までシュミテクトしてしまったのです。

以前、十二指腸潰瘍になった時、ピロリ菌を殺す薬の副作用で味覚障害は体験しておりましたが、今回はレベルが違います。全く味がしないのです。

 

じゃあ、今仕込んでいるこのタレは?

かなり塩分足したけど。

 

『ゆうすけ(仮名)これ舐めてみて。塩辛い?』

『めっちゃ塩からいです』

 

とにかく味が分からないんじゃ仕込ができないので、そのままゆうすけ君(仮名)の味覚を信じ、塩分を調整してもらいました。

ありがとうゆうすけ(仮名)助かったよ。

 

はっ!!!

思い起こせば数時間前の昼ごはん。

まかない料理で『汁だく生トマトナポリタン・とろとろチーズ乗せ・夏の香りを添えて』を作ったんですけども。

 

これもめっちゃ塩からかったんじゃないのか?

 

しかもあの時、僕。

 

『うわ!ごめん!これ味めっちゃ薄い!塩かけた方がいい塩!塩を!』

 

と、おせっかいな事にスタッフ全員のパスタに塩をかけたのです。

それぐらい激薄だと感じたのです。

 

スタッフさんたちは何も言わず普通に食べてくれたけど。

 

クソ塩辛い『汁だく生トマトナポリタン・とろとろチーズ乗せ・夏の香りを添えて』を無理して食べてくれたんじゃないのかと!!!

すまん!!!!

 

 

いやーまさかの味覚喪失。

調理師の一番の武器を失ってしまいました困った困った。

おかげ様でこれ以上ないほどの絶望的なオチができ、安部さん(仮名)のご期待に沿いつつ、ブログとして発表する事ができました。感謝。

 

皆さんもシュミテクトを大量に口に含んで寝るような真似だけは絶対にしないでください。何を食べても美味しくなくなりますから。

 

逆にこの副作用を利用すれば、芸能人が激辛料理を食べなくちゃならないロケとかに使えるかもしれません。

あばれる君さん、どうぞどうぞ使ってください。

味覚が回復するかどうか分かりませんけど。

 

追記

約1週間で完治しました。よかったです。

 

2019年5月26日・追記

また同じ過ちを犯してしまいました。

 

 

 

4 件のコメント

  • イヤーありがとうございます。
    まさか私の動画を見てくれているなんて
    これで視聴者も少し増える?笑笑
    ありがとうございます。

    • えっ!もしかして元奨励会員のアユム様ご本人ですか?チャンネル登録数6.67万人突破おめでとうございます!どうも偽物くさいですけどこれからも頑張ってください!

  • 僕と同じ過ちを犯していますね?
    まあ僕はシュミテクトじゃなくてクリアクリーンでしたけどね♪
    あと、記事読むの2週目突入しております。

    • ゴッドさんもやらかしてしもうたんですね!ホントに味覚が消失したんで、かなりびっくりしました!まさかの2周目突入ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。