蛇口を撤去して水道管を延長させる工事

今回は使わなくなった蛇口(水道管)を延長して活用をはかる工事をやって行きたいと思います。道路との境界線ギリギリまで倉庫にしてしまったもので使用頻度が激減したわけでございます(上図は倉庫が完成する前)

 

倉庫が出来た後はこんな感じ。眠れる森の蛇口へと変貌してしまいました。設置場所が外ではなく内になってしまったため、ここで好き勝手使っていると辺りがビショビショになってしまうのです。

せっかく水源があるのに、ここでお昼寝させているのは勿体ないので、気軽に使える場所まで水道管を伸ばそうって話でございます。

 

施工開始

完全に知識ゼロなので、元水道配管工の淡路君(仮名)に相談したところ『西尾病院の横にある高松建材店に行って聞いてみるといいよ。あそこの事務員さんの知識は半端ないけん。職人さんが相談するぐらい知識が半端ないけん。しかも全員知識が半端ないけん』と、高松建材店の事務員さんの知識の半端なさを御享受いただきましたので、さっそく行ってみましょう。

 

僕が作ろうとする配管のレベルがあまりにへぼすぎて、事務員さんの知識の半端なささを肌で感じる事はできなかったのですが、親身になって材料選びをしてくれました。

高松建材さん、ありがとうございます。

それでは購入した材料で、あらかたの形を作っていきます。

 

設置場所の寸法を測り、材料を切ったり、差し込んだり、くっ付けたりしていきます。蛇口を取り外し、こんな感じで突っ込むイメージです。

 

作業場所が暗いのである程度おおきな形に整えて攻めます。配管同士の接着には専用の接着剤が必要で、写真右中央に落ちてる蓋つきの缶がそれです。昔、淡路君(仮名)に貰いました。

 

一通り部品の接着が終わりましたので、水の元栓を止めて蛇口を外します。元栓を止めずにこれをやると、もちろん穴から大量の水が噴き出して最悪の事態を招きます。

 

蛇口から配管に変えるので、それ用の部品を蛇口にねじこみます。

 

先ほど作っていた部品を接続します。そのままではブランブランなので、下の方を固定します。見た目を気にしなければ、写真の様に結束バンドで充分でしょう。

赤いのはバルブです。淡路君(仮名)いわく『冬に配管が破裂する場合があるから、一応つけといた方がいいよ』との事だったので設置しました。

横にひねると水の流れが止まりますので、冬時期、使わない時はこれをひねって配管の中を空っぽにしてると破裂する心配はありません。

 

あとは地面の形に合わせて、少しずつ配管を伸ばしていきます。

 

外の木の壁に蛇口を設置します。

 

部品の径を考えて、穴をほがします。

 

部品を挿入します。ちょっと壁の穴が小さいくらいがいいんじゃないかと思います。実際、人力で押し込めるのはここまででした。あとはトンカチでぶっ叩きまくって強引に入れました。

直接金属のトンカチで全力アタックしてしまうと、プラスチック部分が破損する恐れがありますので、間に木材の切れ端なんかを挟んで叩くのがいいです。

 

蛇口設置完了です。いたずら防止の為、普通の蛇口ではなく、専用の道具がないと水がでない蛇口にしときました。

 

壁の裏です。あとはこの配管を繋げば、外の蛇口まで水が到達するはずです。

 

設置完了です。あとは蛇口をひねって水がでるかどうか。配管の途中で漏れがないかどうか。この2点を確認すれば終了です。

 

はい。無事に命の水が溢れ出してきました。漏れも無い様なのでこれにて施工終了。お疲れ様でございました。

【執筆】この記事は2016年10月にネット公開しました

【再編】この記事は2018年6月に再編集しました

2 件のコメント

  • ねえ知ってる?
    その形の蛇口って特別な工具がなくても輪ゴムと安全ピンとドライバーがあればあくんですよ!

    あと、とらとら実況チャンネル登録よろしくお願いします。

    • へえー!そうなんですね!初めて知りました!ただもういちいち専用工具使うのが面倒くさくなったんで差しっぱなしにしてます!いたずらされたら外します!なのでとらとら実況チャンネルは登録しません!