初メルカリで『新・なぞの百科』を購入しました

2014年から探し続けていた『新・なぞの百科』をついにメルカリ上空で発見いたしました!この本は小学校時代、年1~2度のペースで小規模ながらも開催されていた謎の物販コーナーにてお買い求め可能だった伝説の書籍。

当時の僕は何をとち狂ったかこの本(定価850円)を購入。おそらく母に土下座をし大金を騙し取ってまで欲しかった商品なのでしょう。

大人になり読まなくなっていましたが大事に保存していました。そこへ約10年前、丸窓に襲いかかった悲劇。火事。歴史的文献の焼失。

もう一度読みたい!という想いがリミッターカットされ、ユメニティ図書館や直方イオンの本屋さんで探しましたが見つかりません。

かなり昔の本だから絶版になってるだろうし、おそらくもう二度とあの本に出会う事はないだろうと思いつつも、たまにネット検索する日々。

そしたら有ったんですよメルカリに。神降臨。すぐにアカウント作成して取引終了。いやーいい買い物をしましたね。

 

内容は約200項目にも渡る世界の謎を解説。しかも1つの謎につき、たった1ページしか与えられないという編集者泣かせの1話完結・古畑任三郎スタイル。まあ小学生的には読みやすい文の量。

 

・おおかみが育てた少女

・血液の速さはどれぐらいでしょう

・3000円の物が3000円で買えない?

・トランプは誰が考えたのでしょう?

・呪いの森・オレゴンボルテックス

 

軽く抜粋しただけでこのクオリティ。こんなに僕の小二病をくすぐる本が他に存在しているのでしょうか?特に小学生時代、虜になった項目がこちら。

 

・数に終わりはあるのでしょうか

我々が小学校で習う数字の単位っていうのは、まあ言うて『一・十・百・千・万・億・兆』が限度。日常生活でそれ以上の数字を使う事がまずありえないので教える必要も無いわけです。それを教えてくれるのがそう、新・なぞの百科。

学校では教えてくれないそこんところを教えてくれる非常に画期的なアイテム。所ジョージがサングラスと引き換えに『その本欲しい』と言ってきても笑顔で断るレベル。ちなみに『兆』の先はこういう単位になっております。

 

京(けい)
垓(がい)
秭(じょ)
穣(じょう)
溝(こう)
澗(かん)
正(せい)
載(さい)
極(ごく)
恒河沙(ごうがしゃ)
阿僧祇(あそうぎ)
那由他(なゆた)
不可思議(ふかしぎ)
無量大数(むりょうたいすう)

 

この時点で言いたいことは色々あります。

まずなんで途中から強そうなボスキャラみたいな名前になっているのか分かりませんが、おそらく無量大数が大ボスで他は四天王。フカシギが四天王のリーダー。ゴウガシャは最弱。アソウギは青い亀。ナユタは水着の女。

 

 

百歩ゆずって恰好いい名前の部分は許します。

問題はいきなり漢字3文字以上になった事。これが許せない。一から極までずっと『漢字1文字』っていうルールの中でお互いを励まし合いながら歩んで来たのに最大4倍まで長くなってる。裏切りもいいとこ。平成の次が墾田永年私財法元年になったら嫌でしょ?そういう事です。やっぱ違いますね権力を持つと。一般市民と違う事をやりたがるのは人間社会も数字社会も一緒。

そしてもう1つ。秭(じょ)と穣(じょう)の紛らわしさ。しかもこの2つが連続で現れると来たもんです。分かりにくいでしょう。語尾の『う』を付けた・付けなかったで水掛け論行きの特急列車出発。額も額ですからこのワンミスで大変な事になる。なにわ金融道ならこの抜け道で絵を描いてジョブズの総資産ですら奪い取れるレベル。

坊主が上手に屏風にジョブズの絵を描くぐらい紛らわしい。

 

最後に『9999無量大数9999不可思議9999那由他9999阿僧祇9999恒河沙9999極9999載9999正9999澗9999溝9999穣9999秭9999垓9999京9999兆9999億9999万9999+1=』の答えが気になりますよね?

もうこれ以上の単位が無いんですから答えようがない。かと言って∞(無限)というのもちょっと違う。おそらく答えは『x』みたいなアルファベットに置き換えるという救済措置と考えているのですが。一応兆べてみましょうか。

 

【無量大数の上】で検索

 

あ…あるーーー!!!

 

 

無量大数(むりょうたいすう)
洛叉(らくしゃ)
倶胝(くてい)
阿多(あゆた)
那由他(なゆた)
頻波羅(びんばら)
矜羯羅(こんがら)
阿伽羅(あから)
最勝(さいしょう)
摩婆羅(まばら)
阿婆羅(あばら)
多婆羅(たばら)
界分(かいぶん)
普摩(ふま)
禰摩(ねま)
阿婆鈐(あばけん)
弥伽婆(みかば)
毘伽(びらか)
毘伽婆(びかば)
僧羯邏摩(そうがらま)
毘薩羅(びさら)
毘贍婆(びせんば)
毘盛伽(びじょうが)
毘素陀(びすだ)
毘婆訶(びばか)
毘薄底(びばてい)
毘 擔(びきゃたん)
称量(しょうりょう)
一持(いちじ)
異路(いろ)
顛倒(てんどう)
三末耶(さんまや)
毘睹羅(びとら)
奚婆羅(けいばら)
伺察(しさつ)
周広(しゅうこう)
高出(こうしゅつ)
最妙(さいみょう)
泥羅婆(ないらば)
訶理婆(かりば)
一動(いちどう)
訶理蒲(かりぼ)
訶理三(かりさん)
奚魯伽(けいろか)
達歩陀(たつらほだ)
訶魯那(かろな)
摩魯陀(まろだ)
懺慕陀(ざんぼだ)
陀え(いらだ)
摩魯摩(まろま)
兆伏(ちょうぶく)
離慢(りきょうまん)
不動(ふどう)
極量(ごくりょう)
阿麼怛羅(あまたら)
勃麼怛羅(ぼまたら)
伽麼怛羅(がまたら)
那麼怛羅(なまたら)
奚麼怛羅(けいまたら)
麼怛羅(べいまたら)
鉢羅麼怛羅(はらまたら)
尸婆麼怛羅(しばまたら)
翳羅(えいら)
薜羅(べいら)
諦羅(たいら)
偈羅(げら)
歩羅(そほら)
泥羅(ないら)
計羅(けいら)
細羅(さいら)
睥羅(へいら)
謎羅(めいら)
娑荼(しゃらだ)
謎魯陀(めいろだ)
契魯陀(けいろだ)
摩睹羅(まとら)
娑母羅(しゃもら)
阿野娑(あやしゃ)
迦麼羅(かまら)
摩伽婆(まかば)
阿怛羅(あたら)
醯魯耶(けいろや)
薜魯婆(べいろば)
羯羅波(からは)
訶婆婆(かばば)
毘婆羅(びばら)
那婆羅(なばら)
摩羅(まらら)
娑婆羅(しゃばら)
迷普(めいらふ)
者麼羅(しゃまら)
駄麼羅(だまら)
鉢麼陀(はらまだ)
毘迦摩(びかま)
烏波跋多(うはばた)
演説(えんぜつ)
無尽(むじん)
出生(しゅっしょう)
無我(むが)
阿畔多(あばんた)
青蓮華(しょうれんげ)
鉢頭摩(はどま)
僧祇(そうぎ)
趣(しゅ)
至(し)
阿僧祇(あそうぎ)
阿僧祇転(あそうぎてん)
無量(むりょう)
無量転(むりょうてん)
無辺(むへん)
無辺転(むへんてん)
無等(むとう)
無等転(むとうてん)
不可数(ふかすう)
不可数転(ふかすうてん)
不可称(ふかしょう)
不可称転(ふかしょうてん)
不可思(ふかし)
不可思転(ふかしてん)
不可量(ふかりょう)
不可量転(ふかりょうてん)
不可説(ふかせつ)
不可説転(ふかせつてん)
不可説不可説(ふかせつふかせつ)
不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)

 

もう大概にしてくれと。考えた人は暇すぎるでしょう。おそらく昔アラブの偉いお坊さんが厳しい修業(1ヶ月瞑想やりっぱなしとか)の途中に暇すぎて考えたとしか思えない。そういう理由がないと絶対無理。こんなくだらない事を延々と。確実に小二病をこじらせてる。

そして断言できる。これ考えた人、絶対に自分で言えない。しかも途中『もうこれでいいや』感が半端ない。後半ネタ切れで『転つけとこ』感が半端ない。なんや『演説』って。

いやちょっと待ってください。那由他(なゆた)2回目出て来たし。双子に全く同じ名前つけるのと同じぐらい愚行ですよ。

 

『私は無量大数より少ない方の那由他です』

『私は無量大数より多い方の那由他です』

『ここでクエスチョンです。私はどちらの那由他でしょう?』

 

分かるワケない。運否天賦。スーパーひとし君で勝負はできない。

漢字まで完全一致しちゃってるもんですから区別のつけようがないんです。マナカナのカナの左目下のホクロを除去されるより難易度が高い。せっかく作るんだったらそういうとこ気をつけよう。仕事が雑すぎる。

『翳羅えいら・薜羅べいら・諦羅たいら・偈羅げら・歩羅そほら・泥羅ないら・計羅けいら・細羅さいら・睥羅へいら・謎羅めいら』とか、完全にキラキラネーム10姉妹でしょう。1人呼んだら3人はペガサスに乗って出て来そう。

語尾に『ら』を付けて韻を踏んどきゃどうにかなるっていう思考が、もうほとんどジョイマンに汚染されてます。

そう言えば、みなさん覚えてますか?『量が計り知れないぐらい大きな数』とチヤホヤされていた無量大数さんの事を。

 

 

誠に申し訳にくいのですがねぎらいの言葉すら出ません。全日本名前負け大会ダントツの1位。ドラゴンボールを遥かに凌駕するインフラが勃発したせいで無量大数が雑魚化して悲惨すぎる。井の中の蛙のベロの粘膜の細胞を構成しているミクロ微粒子の淡いシャドウぐらい弱い。

しかもそこそこ後半に無量って単位が出てきてるし。絶対使っちゃだめでしょ無量だけは。『無量大数?そんなのいた?知らね』っていう皮肉ですか。強い。ほならね。無量大数さんの仇、僕が打たせてもらいますよ。

 

『9999不可説不可説転9999不可説不可説・・・・・9999無量大数9999不可思議9999那由他9999阿僧祇9999恒河沙9999極9999載9999正9999澗9999溝9999穣9999秭9999垓9999京9999兆9999億9999万9999+1=』

 

どうです無理でしょう。これ以上大きな数は出ないだろうと。さすがに出ないだろうと。頼む出ないでくれと。

 

 

出るんですって。

 

 

その名もグーゴルプレックス

という事で先ほどの足し算の答えは1グーゴルプレックス!

と思ったでしょう?全然違いますよ。これを厳密に説明するには『1グーゴル』を先に知る必要があります。無量大数の場合は後ろには0が68個つきます。

100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000=1無量大数

 

そして1グーゴルは1の後ろに0が100個つきます。

10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000=1グーゴル

 

なんちゃない。ここまでなんちゃない。グーゴルプレックスは1の後ろに0が1グーゴル個つきます。1000個とか10000個じゃないんですよ。1グーゴル個ですよ。これぞ桁違い。ちなみに

100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

 

これで1万個です。今から直方市・丸窓を出発して地球一周の旅が始まるとして『まだ靴はいてまーす』の状態。直方駅にも着いてない。というか1歩も踏み出してない。それが1グーゴル個から見る1万個のショボさなのです。となれば式の答えは不本意ですが不等式でしかあらわす事ができないので、以下の様に表記されます。

9999不可説不可説転9999不可説不可説・・・・・9999無量大数9999不可思議9999那由他9999阿僧祇9999恒河沙9999極9999載9999正9999澗9999溝9999穣9999秭9999垓9999京9999兆9999億9999万9999+1<1グーゴルプレックス

 

よし。なんだかんだ不毛な単位との戦いには終止符を打ちました。

 

 

からの!!

 

 

グーゴルプレックスプレックス!(10×10を10のグーゴル乗回繰り返す)

 

グーゴルプレックスプレックスプレックス!(10の10の10の10の100乗乗乗乗)

 

週休2日しかもフレックス!(広瀬香美・ロマンスの神様より引用)

 

なんか疲れましたね。

 

 

16 件のコメント

  • ゴーグルプレックスプレックスプレックス×ゴーグルプレックスプレックスプレックスは、なんでしょう?

    • ゴーグルは水泳の時に髪の毛を巻き込んでめっちゃ痛い眼鏡です。正しくはグーゴルです。

      • ありがとうございました。
        とてもわかりやすかったです。
        新たな記事も楽しみにしてます。!

  • グーゴルプレックスプレックスプレックス×グーゴルプレックスプレックスプレックスは、なんでしょうか❓

    • グーゴルプレックスプレックスプレックス×グーゴルプレックスプレックスプレックスは、グーゴルプレックスプレックスプレックスの二乗としか表現できませんが、もう無限(∞)でいいんじゃないでしょうか!適当ですみません!

  • グーゴルプレックスを1万円札で用意するとどのくらいの質量になりますか❓
    いつも忙しいとこすいません。
    頑張ってください。

    • 1万円1枚が約1gなので、1万円札1グーゴルプレックス枚の質量は1グーゴルプレックスgとなります。ただし湿度などの関係で多少変動はあります。あ、間違えました。1万円で1グーゴルプレックス円を用意するという意味ですね。それならゼロを4つ消せばいいので、1グーゴルプレックス-下4桁gとなります。

  • 所々で出てくる 9999無量大数+・・・の最後のほう9999兆が9999調になってますよ!

    • ほ、ホントだ!ありがとうございます!当店の全精力を上げて『調』を『兆』に訂正いたしました!

  • 割、分、厘のしたも小さくて読めなかったけど本に書いてあったんでおしえてくれませんか?

    • 割、分、厘、毛、糸、忽、微、織、沙、塵、挨、渺、漠、模糊、逡巡、瞬息、弾指、刹那、六徳、空虚、清浄となります。

  • 初めまして。
    私も小学生の時に購入した新・謎の百科が大好きすぎて手放せないのですが、私のものは198年12月発行のもので表紙が黄色です。内容も違っているのか気になって気になって…その緑色の表紙のものは何年発行のものですか?

    • なすさん初めまして!返事遅れまくってすみません!僕が小学校の頃は緑の表紙だったので、逆に黄色のタイプが気になってます!当時購入したものは火事で焼失してしまったんですが、メルカリで購入したヤツに記載されているのは1990年9月17刷と記載されています(初版は1986年7月)!僕が小学生入学したのが1990年ぐらいなので、もしかしたら黄色の方が古いタイプなのかもしれません(僕は黄色が新しいタイプだと思ってました)内容は近いうちに、この記事に追加で写真を載せますね!

  • うわあああああ懐かしいー!!(T▽T)この本、小学生の頃のバイブルでした!!
    持ってたのは緑の表紙バージョン。大好きな本でした、今も実家にあるはず(笑)。

    • 初めましてぐーぐるさん!懐かしいですよね!個人的には世界の謎系(サルガッソーとか、小屋に吊るした鉄球が斜めに垂れ下がるとか)が面白くて読んでました!僕も同じく緑バージョン時代で、メルカリで購入したのも緑でした!実家に帰った際には是非手に取ってみてください!