丸窓からのお知らせ(5月16日更新)

丸窓豆腐のもと・賞味期限の誤記載について

ただいま販売しております丸窓豆腐のもと(粉)の賞味期限が誤って記載されておりました事が、お客様のお電話にて発覚いたしました。

対象となる商品は裏面に【30.4.03】と記載されてます。

これは時間感覚の狂った僕が、今年を平成29年と勘違いした事で起こった誤植です。

ご購入された方には大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした。

正しくは【31.4.03】となり、来年の4月3日までの賞味期限となります。

お贈り物等、交換が必要な方はお手数をおかけしますが当店にて商品の交換を行いますので、よろしくお願いいたします。

 

鍋物メニューの変更について

【2019年5月8日】

そろそろ地味に暑くなってまいりましたので、5月8日から冬季限定『小鍋』から夏季限定『陶板焼き』にメニューが変わりました。

それに伴い『雑炊の提供』が終了しました事をお知らせいたします。

 

 

会席メニュー内『素麺』の廃止について

【2018年11月21日】

こんばんわ。今回は少し悲しいお知らせになります。

『本気でお腹いっぱいになる量を提供する』というのが当店の売りの1つでもあったのですが、ここ数年、お客様から以下の様な意見がちらほら出ておりました。

 

『量が多すぎてとても食べきれない』

『メインの料理は持って帰って今日の晩ごはんにします』

『メインの料理は持って帰って明日の朝ごはんにします』

『素麺・スパゲティ・ご飯。こんなの炭水化物祭りじゃないか!』

『もう冬だぞ!』

 

まあ元・魁皇関なんかはペロリと食べてしまう量なのではありますが、やはりほとんどの方は全体的に量が多すぎて食べきれず、メインの『野菜鉢』を持って帰らざるを得ないという事態にたびたび陥っておりました(元・魁皇関が火事後の丸窓に来店した事実はございません)

 

量が多すぎるのもいかがなものかと。

 

そこで今回、1700円以上のお料理についていた『冷やし素麺』をメニューから除外し、その分、他の料理に手間をかけてみようではないか。

なんとなく、そう思ってしまい、更に実行してしまったのであります。

 

前菜3種盛りも今までより手間をかけ、なかなか他では口にする事の無いワケのわからない料理を出すように心がけています。

原価の問題でスタメンから外していた揚げ出し豆腐のナスも復活。

野菜鉢も盛り付ける食材の量を増やし色鮮やかに。

吸物は高級感溢れる器に変え(本当にそこそこ高かった)内容も赤だしのお味噌汁に変更いたしております。

 

これらはまだ初動段階でありまして、これからも様子を見ながら内容は変更されていくとは思いますが、素麺の死を無駄にしないように頑張っていきたい、という想いは変わりません。

これからも素麺の様に細く末永く見守って頂けたら嬉しく思います。

ご清聴頂きありがとうございました。

 

PS・この変更に伴い今まで10品だったミニ会席・夜2000円コースの品数は9品になりました。

 

雑炊セットのサービス提供について

【2018年10月28日】

雑炊セットの提供を始めて約2年。

約87.8%のお客様からの注文が入る超人気『雑炊セット』

昨年同様もちろんご用意しておりますが今年からは更にパワーアップ。

『雑炊がめちゃくちゃ美味しい』というお声を多数いただき、わたくし調子に乗りまして、以下のどちらかの条件で、サービス提供させて頂く事になりました!

 

飲み放題をご注文のお客様

人数制限はございません。2名様でも200名様でも飲み放題を付けて頂いたお客様には無料で提供させて頂きます(当店に200名は入りません)

 

3000円以上のお料理をご注文のお客様

人数制限はございません。2名様でも2億名様でも3000円以上のお料理をご注文頂いたお客様には無料で提供させて頂きます(当店に卵を2億個も収納できるスペースはございません)

 

昼のランチ900円

小鍋自体が料理についてないので雑炊はできません。

 

ミニ会席1700円・2000円・2500円

別料金でのご注文となります。

 

3000円~250000円

無料で提供させて頂きます(当店は250000円の料理を提供しておりません)

 

幹事さん救済システム

最近の忘年会は『料理3000円・飲み放題2000円の1人5000円で』という定番パターンが確立されてきております。

去年までは『別料金でも雑炊食べたい!』というお客様が続出し、幹事さん的には『予算に収まらない』という悲劇に苦しまれたかと思います。

『すみません!予算ないんで雑炊は食べれませえーん!我慢してくださあーい!』

と心を鬼にし、声を張らざるを得ない場面もあったでしょう。

心中お察しします。本当に申し訳ございませんでした。

 

今年からはそんな心配ご無用。

 

雑炊食べてもキッチリ5000円で収まります!

僕も正直心苦しかったワケです!

『予算決まってるのに、後出しで別料金取るのも悪いなぁ…』と。

これで雑炊の呪縛から解き放たれる事ができました!

今年はゆっくり眠れそうです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。