『ニューヨーク』が有るという事は『旧ヨーク』もあるんじゃないのか

 

お疲れ様です!

高血圧という遺伝をモロに受け継ぎラーメンの汁すら2日に分けて五臓六腑に吸収するその謙虚な姿勢は牛の反芻に通ずる物があると自負している丸窓店主です!

 

まずニューヨークはどこにあるのか?

ニューヨークを日本語翻訳すれば『新ヨーク』となるのが世間一般で常識となりつつあるこの時代に『じゃあ旧ヨークはどこだ?』こんな疑問に一石を投じてみるのもまた一興かと考え、筆を執った次第でございます。

やる気メーターフルスロットルでパソコンに向かってみたものの、僕の地理知識が桃太郎電鉄3で止まったっきり更新されていないようなので、出雲そば屋を買い占める事ぐらいの力しかないのが現状です。

そんな中古の軽自動車からをタイミングベルト抜いた程度の馬力で、アメリカ全土を敵に回し安部総理に厳重注意を受ける危険性がある問題に取り組むこの姿勢。傍から見れば狂犬病と狂牛病を混ぜて6を足した様に映るかもしれません。

でも僕はくじけないのです。

失う物なんて家族と店と両親とじいちゃん家と母方の祖母と妹家族と姪っこぐらいしか残ってない僕に怖い物なんてないんです。アメリカの一番偉い人と命を懸けたババヌキ一本勝負だってできますが高血圧の薬は必要です。

ニューヨークが西海岸にあるのか東海岸にあるのかすら分からない調べもしない。これ勘で当てたらすごいですよね絶対すごい。

 

旧ヨークは別の全然別の国に有ったと予想

というのもアメリカというのは人種のウーピーゴールドバーグと言われるほど世界中の色々な黒人や白人や黄人や木人で構成されていると小耳にはさんでおります。

コロンブスのおじさんと一緒にどさくさに紛れて入ってきた人間たちがアメリカ大陸を支配し、その一部の地域に『我が母国、我が故郷ヨークの名をこの地に名付けよう』とか言って感傷に浸りながらホームシック丸だしで名付けたと思うんですよ。

もともと別の国の物だったんですよヨークっていう地名は。

 

・・・どうですかこの予想。めっちゃ自信あります。それでは答え合わせ。グーグルでググって更にウィキってみたいと思います。

 

 

wiki

【1524年】フランス国王の命を受けたイタリアの探検家ジョバンニ・ダ・ヴェラッツァーノが、この地域に到達し、ヌーヴェル・アングレームと呼んだ

 

【1614年】オランダ人がにマンハッタンの南端に毛皮貿易のため植民地を建てた。これが後に「ニューアムステルダム」と呼ばれるようになった

 

【1664年】イギリス人が町を征服し、イングランド王ジェームズ2世(ヨーク・アルバニー公)の名を取って「ニューヨーク」と名付けた

 

うける全然ちがう。

 

 

 

2 件のコメント

  • 私もふとニューヨークは新しいヨークなのかと気になってぐぐって、上から二番目に出てきたここにたどり着きました。
    雑学と全然関係ない飲食店のブログだと気づいて、めっちゃウケました。
    コロナの折、更新がありませんがどうしてらっしゃるか
    勝手ながら心配になりました。
    テイクアウト営業などされてるのでしょうか。

    いざこざに紛れて→どさくさに紛れて
    なずけよう→なづけ(名付け)よう
    文章がめちゃくちゃおもしろいので、せっかくだからここのところなおしちゃって完ぺきな記事に☆

    • おもしろいこと大好きマンさん、ありがとうございます!飲食店のブログなのに飲食の事はほぼ書いてません!コロナで予約が全キャンセルになってしまったので、今は一時閉店中でございます。テイクアウトや仕出し系も考えたのですが現時点では何もやっておりません。少し別の視点からコロナの打開策を試行中でございます。ブログも書きたいんですが全く暇がなくて、個人的には営業してる時より忙しいです。ご指摘の箇所、さっそく訂正させて頂きました!自分的には2~3回読み返して誤字脱字言い間違えは訂正してるつもりなんですが、意外とあるもんですね!助かりました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。