紀州のドンファン事件はどうなったのか?

連日朝っぱらから開催され続けるワイドショーのおかげで、ドンファンが僕の目覚まし時計になりました。正直うめぼしの品種かと思ってました。

夢の中までドンファンに犯されてパワハラを訴えようかと思いましたが相手は梅干しです。さすがに起訴できないでしょう食品を。

4日ぐらい経ったでしょうか。僕の脊髄あたりまでドンファンの浸食が忍び寄ってきた頃、ようやくドンファンが梅干しではなく金持ちオジサンの事だと知り、なんかもう嫌になりました。

 

ドンファンドンファンドンファンドンファン。寝ても覚めてもドンファンドンファン。口を開けばドンファンドンファン。一体なんなんですかドンファンって。

オジサンには何の興味もありませんがドンファンがめちゃくちゃ気になる。紀州のって言うぐらいだから本物のドンファンがいるはずです。こう言ったら悪いですが、しょせん二番煎じなんです紀州のドンファンは。ドンファンになれなかった悲しい男なんです紀州のドンファンは。

そんな影武者的存在のスキャンダルがここまで騒がれてるんだから、本物のドンファンだったら国1つ滅びる可能性がある。下手すりゃこの騒動が飛び火し、本物のドンファンも巻き込まれるかもしれない。この業火に。

そりゃ大変だという事で本物のドンファンについて調べました。

 

ドンファン=架空の人物。プレイボーイの事を指す。

 

そんな赤白帽とカーテン巻きつけたみたいな服装で恰好つけてる場合じゃないと。

それなら最初から紀州のプレイボーイでいいんじゃなかろうかと。

そういうまどろっこしい言い回しで意味を濁す事によって僕の人生で明らかに無駄だったネット検索・第1位の座が『ジーンズ 捻じ込む タイトル』から『ドンファン 意味』に変わってしまったんですよ。誠心誠意ユンソナに謝ってほしい。

 

では、なぜあんなに騒がれていたかを説明しましょう。

 

夢の中で聞いていた加藤浩二の声をどうにか再構築し、ええ、もうほとんど僕の勘で事件を振り返ろうと思ったのですが、途中まで書いててさすがに『これは適当な事を書けん。下手すりゃ殺られる』レベルの内容だと気付きました。真面目に調べます。

 

 

・紀州のドンファン死亡。検死の結果めっちゃ覚せい剤の反応が出る。普通じゃ考えられないくらい反応がでる。健康を気にする人だったし日常的に覚醒剤をやっているとは考えられない。警察『これは事件の可能性あり』

 

・ドンファンの愛犬ラブちゃんも半月前に死亡。当初は老衰かと思われたが死にざまが老衰っぽくない。まさかラブちゃんも覚醒剤を打たれて殺されたのか?(僕が知ってるのはここまで)

 

・ラブちゃん検死、覚醒剤反応は出ず。家宅捜索で金庫が開けられるが中身は空っぽ。有識者『紀州のドンファンは現金で隠し金を管理していたが、隠し場所はコロコロ変えていた』結局見つからず金庫から3億円が消えたまま。

 

・嫁さんや家政婦さんが疑われており容疑者も少ない為、早期解決かと思われていたもののこれと言った決定的証拠が出ないので捜査範囲を拡大。容疑者が天文学的数字になり迷宮入り。(今ここ)

 

 

事件の内容をかなりザックリまとめたらこんな感じでした。

もちろん警察の方はしっかり捜査していたと思いますし、これは僕の勝手な妄想で事実とは違うと思いますが『あまりにも分かりやすい状況に油断してしまい、初動捜査で視野を狭く持ってしまったが為、時間が経つにつれ犯人の特定が難しくなり、更に金庫の3億円が消えていた』という風に見えなくもない。ギリ見えなくもない。そう見ようと思えば見える。

となれば、これはまさに!『平成の3億円事件』と言っても過言ではありません!(無理矢理こじつけてオチにしようという目論見です警察の方ごめんなさい)

しかしあれだけ日本中がドンファンドンファン言ってたのに、僕が興味を示しだした直後、急にテレビ報道されなくなるんですからね。圧倒的ドンファンロス。

話は変わって山口メンバー山口メンバー。

それが終われば吉澤メンバー吉澤メンバー。

街を歩けばカッカカッカッカッカッカカッカカッカカッカッカッカッカカッカカカカカッカッカッカッカッカカカカカクーモンベイビー。

そんな芸能人のスキャンダルや競合していくジパングに表面を覆われ、いつの間にか忘れかけていた、いや、完全に忘れていた紀州のドンファン事件。そろそろ解決したんじゃないかな?と思うには時期尚早だった模様。これには直方のサークルウィンドウもビックリです。