なぜ『1周忌』の翌年が『2周忌』ではなく『3周忌』なのか?

 

こんばんわ!

35歳の春まで『ほうじ茶』の事を『法事の時に飲むお茶』と勘違いしたまま激動の人生を駆け抜けた丸窓店主です!

 

我々は大人になるにつれ近い身内が亡くなり『法事』という儀式に出席する回数が多くなります。かくいうわたくしも昨年祖父が亡くなり、今月1周忌を迎える事になっております。

そこでふと思い出しました。

『そういえば1周忌の次の法事は翌年よね。でもその法事の事を3周忌って言うよね。なんで2周忌じゃないの?不思議だなぁ。』

きっと何か宗教的な理由があるのでしょう。僕は完全なる無宗教派閥で詳しく分かりませんので、道行く人にインタビューしてみたところ、こんな答えが返ってきました。

 

・1周忌の次からは『3年目に突入する』から3周忌

・死んだ当日を1と数えるので2年目の命日は3周忌

 

当然納得がいきません。それなら最初から1年目の法事を『2周忌』と呼べばいいんじゃないのかと。そうすればこんな争いも起らず平和に法事を迎える事ができるのに。一体全体どういう事なのだ。

 

調査いたしました。

 

まず最初にわたくしの無知を謝罪したいと思います。

1年目法要は1周忌と呼びますが、2年目法要は3周忌ではなく『3回忌』と呼ぶらしいです。

頭っから名称を間違えているので、意味も変わってくるし混乱するのは当たり前。

真実を分かりやすくする為に、僕の大好きなエクセルを使って表にまとめましたのでご覧ください。

 

僕が『3周忌』と思っていた法事の正式名称は『3回忌』だったのです。ミス!

周忌は『無くなってから○回目の命日』という意味で、回忌は『亡くなった命日(忌日)を1とする数え方』という事になります。

単純に双方の意味する数値が1ズレてるから『1周忌』の次は『3回忌』と混乱を招く結果になっているとも言えます。

正直『もうややこしいからどちらかに1つに統一すればいいのに』と思っている所ではございますが、思っているだけで誰にも言いませんので許して頂きたく思います。

 

 

ちなみに『法事は全部で何回やるのか?』という点についても調べていた所。

ま・・・間違えとらす!

よかった!

勘違いしてるのは僕だけじゃなかった!

この様に有識者ですら間違えてしまうシステムなのです。

全然知人が居ない結婚式に招待され、完全アウェーの戦いをどう切り抜けるか試行錯誤している時、なぜかたまたま小学校の友達も出席してた時の安堵感に通ずるものがあります。

それはさておき法事の回数ももちろん、僕の大好きなエクセルで表にまとめました。

計10回の法要がありますが、13回忌以降(17、23、27回忌)はやらずに33回忌で弔い上げするのが一般的らしいです。

理由は『だいたいそれぐらいで法要を仕切る年代が変わるから』です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。