史上最高に旨いビーフジャーキーを発見しました

うちの嫁さんはビーフジャーキー依存症です。買い物に行くたびに色々なビーフジャーキーを買ってきては、共に吟味する日々を紡ぎ続けて来ましたが、ついに最強・最旨のビーフジャーキーを発見。ファミリーマート・牛モモ赤身ビーフジャーキーです。

ひとくちに『ファミマの…』といっても何種類か別のジャーキーも一緒に販売されているので間違わないようにしてください。美味しいのはこのジャーキーだけです。他も全部食べましたがこれには勝てません。

黒胡椒が悲しみの様に降り注がれとってもスパイシーな仕上がりになってます。この時点で辛いのが苦手な方は脱落です。ちぎる度に黒胡椒が食卓の上に散らばり、食べ終わる頃にはそこらじゅうに粒が散乱します100%です。

しかしそんな事でくじける我々ではございません。このビーフジャーキーと共存していくための手段として手軽に使える充電式ハンディー掃除機まで購入。ジャーキーの為の設備投資は惜しまないのが我が家のスタイル。

しかもあの『なとり』が作成していると言うだけあって、ビーフジャーキーそのものも歯ごたえがあり味もしっかりしてます。なとりの右にでるなとりは居ませんからね。

過去に他のなとり商品も色々食べてきたのですが、これが一番美味いです。ファミマにマージン払うぐらいなら自社ブランドで作った方が絶対儲かるのに…と思ってしまうほど美味い。まあコンビニに置けるというのが大きいかもしれませんね。

コンビニでの買物は単価が高いので基本的にはしないのですが、このビーフジャーキーだけは週に1回買い占めます。売り場の商品全部カゴに突っ込んで買い物はそれだけ。おそらく行きつけのファミマ店員さんの間で、僕はビーフジャンキーというあだ名で呼ばれていると思います。

 

価格は380円(税込410円)と、少々高く感じる値段ではありますが、ビーフジャーキーは全般的にこのぐらいの値段はします。テングのジャーキーなんかもっと高いですが確実にこっちの方が美味しいと思います。

容量は夫婦2人で1袋食べてちょうどいい感じ。もちろん1人で全部食べきれる量でもあります。僕は34歳のくせに高血圧の薬を処方されているぐらい血管弱者でありますゆえ、あまり食べすぎると死んでしまいます。もちろん食べない方がいいんだけど、それでも食べたくなる。麻薬でも練りこんであるんじゃないかと考えた事もあります。

僕はハマりやすく飽きやすい病なので、基本的には10袋ぐらい大人買いして、全て消費する頃には飽きているのですが、このビーフジャーキーだけは飽きません。

おそらくこの数ヶ月かの間に累計100袋近く買っているはずです。入荷すれば一瞬で無くなるので、ファミマの発注担当者さんが徐々に在庫数を増やしているのも把握しています。買い始めて数ヵ月は在庫が3~4袋しか無かったのに、最近は10~15袋ぐらいガチガチに品出しされてます。

 

2017年12月5日追記

僕はほぼ飽きました。嫁さんはまだ食べてます。

 

2018年10月11日追記

もはや誰も食べてません。一生分たべました。

 

2021年7月12日追記

ホームページ改装にあたり全記事見直していたのですが、ファミリーマートの公式HPの商品欄から消滅していました。販売中止になったようです。

3 件のコメント

  • 僕もそれ好きですよ!
    ちょっと寄ってみましたー笑笑
    素晴らしいブログですね♪

    • えっ!もしかして福岡県北九州市若松区浜町2-2-19にお店を構えておられる丸窓天ぷらさんご本人ですか?ありがとうございます!まさかビーフジャーキーで繋がれるとは思ってもいませんでした!今後とも同じ丸窓同士、よろしくお願いいたします!