【まとめ】大通り側の壁をキレイにする工事

全4工程の作業

着工前の状態

 

①レンガ工事後

 

②骨組み工事

 

③屋根&壁下地工事

 

④仕上げ工事

 

大通り壁工事の全工程

【1回目】ブロック塀を作成
【2回目】自作モルタルでレンガ積み
【3回目】コテ使いに慣れてくる
【4回目】基礎のズレに悩む
【5回目】レンガ積みに飽きたので土台入れ
【6回目】土台の水平を出して固定
【7回目】俳優の相島さんがご来店
【8回目】レンガ積み終了・初の柱入れ
【9回目】柱の水平取りに悩む
【10回目】ステージ1の骨組み
【11回目】丸窓看板を撤去
【12回目】ステージ2の骨組み
【13回目】ステージ3の柱入れ①
【14回目】ステージ3の柱入れ②
【15回目】ステージ4の柱入れ
【16回目】ステージ3・4の雨どい設置
【17回目】ステージ4の垂木入れ
【18回目】ステージ3の垂木入れ・屋根の下地ボード付け
【19回目】屋根にルーフィング貼り
【20回目】壁の下地ボードを貼り・壁板打ち付け用の板貼り
【21回目】雨天中止・雨漏り点検と材料調達
【22回目】ステージ3・4の屋根入れ
【23回目】ステージ1・2の屋根入れ
【24回目】大量の壁板に防腐剤塗装
【25回目】ステージ2・3の水切り設置・壁下地ボードの隙間埋め
【26回目】壁下地入れ・隙間埋め・壁板貼り・看板戻し
【27回目】看板打ち用裏板入れ・壁板上部の面合わせ
【28回目】看板上の壁板入れ・壁の屋根設置・ステージ1壁下地入れ
【29回目】ステージ1屋根仕上げ・ステージ3壁屋根仕上げ
【30回目】雨天中止・材料購入
【31回目】全ステージ壁屋根仕上げ・ステージ1壁仕上げ・蛍光灯設置
【ラスト】雨どい仕上げ・壁下部仕上げ

 

全材料費

 

工事を終えて

てな感じで全材料費に22万円かかりました。屋根材を住吉さんに沢山もらったので、実際は25万円くらいかかっているはずです。

以前、知り合いのプロの方に作ってもらった小屋が約50万円かかりました(僕が今回作った小屋より規模も大きく、1人で2~3ヶ月費やしてくれているので、施工料としてはかなり安いはずです)

それを考慮して『材料費は20万ぐらいかかるかな』と考えていたので、当初の予定通りの予算で建てる事ができたと思います。

買い物は主に『グッデイ』たまに『ナフコ』『ダイソー』を利用しています。木材などは専門の卸屋さんから取ればもっと安くなると思いますが、僕にはそういうコネクションが無いし、欲しい材料は今すぐ必要な場合が多々あったのでグッデイを利用させてもらいました。

僕は本業をしながら1人で建てて1ヶ月10日かかりましたが、プロが作れば2人がかりで半月もかからない物だし、工具もそろってるし、材料もかなり安く入るので、依頼した場合はおそらく40~50万円ぐらいで出来たんじゃないかと思います。

とにかく予定通り、忘年会シーズン前に終われてよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。