大通り側の壁をキレイにする工事【17回目】

前回(16回目)の作業では『ステージ3~4の雨どい付け』をやりました。

今回は『ステージ4の垂木入れ』をやっていきます。

施工開始

垂木の最下部の支えを作ります。雨どいより少し高い位置に柱の面が出るように、下に木材を詰めます。両端には質のいい角材の切れ端を使用し、真ん中は廃材で埋めます。

全て廃材で行く予定でしたが、切ってみると長年雨と日光を浴びた影響で割れて膨らみ、かなり歪んだ状態で水平が取れませんでした。埋まらなかった隙間は木材の切れ端でクサビを打ってます。

はい。雨どいギリギリの位置に『垂木最下部の支え』を入れ終わりました。

次はステージ3の垂木を打つ予定でしたが、先にステージ4の垂木を打った方が効率的だったので、先にそっちを打ちます。

 

色々考えた結果、ステージ4に垂木を打つには、この黒板材の支えでは弱いという結論がでたので、母屋に合わせて切断します。

ただし黒板材にはすでに梁が固定されているので、先に梁を取り外さないといけません。

その梁には垂木最下部の支えが固定されているので、これも取り外します。

黒板材に関連づいていた全ての木材を取り外し、切断しました。

これから先は結構、梁の上の作業が多くなります。高所恐怖症の僕にとって非常に怖い部分です。常に落ちた時の事を考え、1歩1歩緊張して歩きます。足を踏み外したり、何かのはずみで落ちる場合もあるので、そうなった場合どこの木材につかまるかを慎重に考えながらの作業です。

とここで、L字金具が足りなくなったのでグッデイに調達に行きます。L字金具もこの前買い占めたので、入荷しているか不安です。もしなければ、何か代用品を探して進めていくことになります。

材料購入

ありました!L字金具(213円)10個、腰高羽子板(77円)3個、プラスドライバービット2本入り(768円)これは先日購入したドリルビットがあまりにも弱すぎる為『折れたビットに一番似ているヤツ』を買いました。

OSBボード9mm(1077円)2枚を購入。本当は10枚ぐらい一気に買いたいのですが、車がムーブなのでそんなに入りません。グッディに行く度に少しずつ調達していきます。

切断した黒板材の肩を借り、柱まで一本通しました。この上に先ほど撤去した梁をもう一度通します。2×4材では少し長さが足りなかったので、その分は柱に角材を打って無理やり引っかけます。

垂木の最上部の位置を決めます。ちょうどその位置に倉庫の雨よけ木材があったので、これを撤去します。

撤去した部分にでてくる肩を借り、2×4を縦に置くと、ちょうどいい斜になりそうです。ここに1本入れます。

垂木最上部の支えを一本いれ、試しに垂木を乗せて見ます。4本で行く予定でしたが、見た感じがなんか心細かったので5本にしました。よし、大丈夫そうですね。これで行きましょう。

雨どいギリギリの位置に印をつけ、長さを調節するためにカットします。

垂木を上下の支えに通し、ビスを打って固定します。

垂木は弱いので、上下2点の支えの間に、さらに支えを加えます。ステージ1~3は垂木の長さが短いので上中下の3点支えで大丈夫ですが、ステージ4だけは倍ぐらい長いので、上中中下の4点で支えます。

適当に木材を積み、1本入れる位置を確認し、支えの角材の寸法を測って切だします。その支えの上に2×4を1本通し固定すれば、中支えが1点完成。

休憩時間が終わりました。ここで少し本業に戻ります。

2点目の中支えを作ります。この部分は母屋に当たるので、母屋の壁に1本固定し、その肩に乗っけて、垂木に合わせます。

せっかく下から垂木に合わせる事ができるので、垂木の斜に合わせて固定しました。斜めなのはわざとです。

はい。これで垂木の支え上中中下、全4点が入りました。縦(垂木)と横(支え)が交わっている部分に全てビスを打って固定します。

全てのビスを打ち終わりました。ステージ4の垂木入れは終了です。もう8時すぎましたし、近所迷惑になるので、音の出る作業はここまでにしようと思います。

次回の作業をスムーズに始めれるようにするため、木材の寸法だけ測っておきます。

適当に木材を積んで水平をだし、寸法を取ります。

次回はステージ3の垂木を入れます。これが終わるといよいよ屋根が入ります。もう少しで終わります。嬉しいです。二度とやりたくないです。

施工終了

ステージ4の垂木のイメージが全くできてませんでしたが、どうにかいい感じになりました。見た目もかなり建物感がでてきました。そろそろ壁をどんな感じにするか考える事にします。

ビフォー&アフター

 

大通り壁工事の全行程

【1回目】ブロック塀を作成
【2回目】自作モルタルでレンガ積み
【3回目】コテ使いに慣れてくる
【4回目】基礎のズレに悩む
【5回目】レンガ積みに飽きたので土台入れ
【6回目】土台の水平を出して固定
【7回目】俳優の相島さんがご来店
【8回目】レンガ積み終了・初の柱入れ
【9回目】柱の水平取りに悩む
【10回目】ステージ1の骨組み
【11回目】丸窓看板を撤去
【12回目】ステージ2の骨組み
【13回目】ステージ3の柱入れ①
【14回目】ステージ3の柱入れ②
【15回目】ステージ4の柱入れ
【16回目】ステージ3・4の雨どい設置
【17回目】ステージ4の垂木入れ
【18回目】ステージ3の垂木入れ・屋根の下地ボード付け
【19回目】屋根にルーフィング貼り
【20回目】壁の下地ボードを貼り・壁板打ち付け用の板貼り
【21回目】雨天中止・雨漏り点検と材料調達
【22回目】ステージ3・4の屋根入れ
【23回目】ステージ1・2の屋根入れ
【24回目】大量の壁板に防腐剤塗装
【25回目】ステージ2・3の水切り設置・壁下地ボードの隙間埋め
【26回目】壁下地入れ・隙間埋め・壁板貼り・看板戻し
【27回目】看板打ち用裏板入れ・壁板上部の面合わせ
【28回目】看板上の壁板入れ・壁の屋根設置・ステージ1壁下地入れ
【29回目】ステージ1屋根仕上げ・ステージ3壁屋根仕上げ
【30回目】雨天中止・材料購入
【31回目】全ステージ壁屋根仕上げ・ステージ1壁仕上げ・蛍光灯設置
【ラスト】雨どい仕上げ・壁下部仕上げ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。