大通り側の壁をキレイにする工事【11回目】

前回(10回目)の作業では『奥の骨組み&雨どい付け』をやりました。

今回は『奥から手前に骨組みを伸ばしていく』作業をやっていきます。

施工開始

また新しい朝が来ました。前回はここまで作業を終えています。基準となる骨組みができたので、これを基準にどんどん伸ばしていきます。

当初は柱の高さを全て合わせる予定でしたが、まっすぐに基礎が打たれているわけではないので『難しい』という事に気づきました。柱の上に横柱を置いて伸ばす事が一番頑丈にできそうだったので急遽計画を変更。どんどん形が変わっていきます。

その方法だと単純に柱の幅(9cm)だけ高くすればいいので、計算する必要もありません。簡単そう。決定。

まずは母屋側の垂木支え板を延ばしていきます。2×4材も縦に使えば9cmなので、単純に前回打った上に乗っけて打っていけばいいだけです。

途中で母屋から窓がでてきたので上を通過させました。はめ殺しになりますが、この窓は全く使って無いので問題なし。

ついに丸窓看板に到達しました。さすがにもう外さなくては作業ができないので、一旦お別れします。

この小屋が完成するまで、しばし物置で眠っててもらいましょう。

前回の要領でどんどん延ばしていきます。

せっかく購入していたので、全ての柱にカスガイも打ち込みます。この前も書きましたが、とにかく金具を使いまくって耐久力を限界まで引き上げるのが、素人がやるべき最善の手段です。自分の浅い知識を過信してはいけません。倒れて通行者に当たったりしたら本当に最悪です。頑丈第一でガチガチに建てます。

電動ノコギリでの切断にもかなり慣れてきましたが、どうしても多少斜めになってしまいます。カンナがあれば水平にできそうな気がしたので、買いに行きます。

材料購入

一番安いカンナ(642円)、L字金具(213円)15枚、ワイドプレート金具(203円)2枚、なんか柱支える金具(300円)、そして2×4材(365円)を15本購入。

施工再開

先ほど斜めになっていた柱の頭にカンナをかけてみたのですが、全く削れません。木の種類、目の方向などの関係だと思いますが、角材が固すぎてとても水平になどできません。

諦めて木工用のやすりをサンダーでかけましたが、やはり削れムラがでます。プロはどうやって柱の頭を水平にするのでしょうか?そもそも切る段階で水平を完璧にだせるのかもですね。さすが職人。

基礎の関係で生じた柱のズレを、どうにかこうにか修正していきます。角材も2×4材も9cmなので、ツギハギして補修していきます。

 

大きなL字金具が入らない部分にはミニを使用。これはもともと持っていたヤツを使いました。いくらミニとはいえ、ビスが6本も入ればそこそこ頑丈になります。

 

夜の本業がありますので、今日の作業はここまで。2本目の雨どいを、1本目の真上に来るように固定して終了です。

 

柱を横からみたら、やはり斜めになってます。まあこれぐらいは許容範囲内です。しっかりと金具で固定しておけば問題ありません。

 

施工終了

前回作った基準に合わせ、同じ作業で増築していくだけなので楽です。柱の頭の水平だけは悔しいですが。やっぱり電動カンナを使うしかないのでしょうか。ただあれも結構ムラがでるんですよね。使い方が下手なのでしょう。

ビフォー&アフター

 

大通り壁工事の全行程

【1回目】ブロック塀を作成
【2回目】自作モルタルでレンガ積み
【3回目】コテ使いに慣れてくる
【4回目】基礎のズレに悩む
【5回目】レンガ積みに飽きたので土台入れ
【6回目】土台の水平を出して固定
【7回目】俳優の相島さんがご来店
【8回目】レンガ積み終了・初の柱入れ
【9回目】柱の水平取りに悩む
【10回目】ステージ1の骨組み
【11回目】丸窓看板を撤去
【12回目】ステージ2の骨組み
【13回目】ステージ3の柱入れ①
【14回目】ステージ3の柱入れ②
【15回目】ステージ4の柱入れ
【16回目】ステージ3・4の雨どい設置
【17回目】ステージ4の垂木入れ
【18回目】ステージ3の垂木入れ・屋根の下地ボード付け
【19回目】屋根にルーフィング貼り
【20回目】壁の下地ボードを貼り・壁板打ち付け用の板貼り
【21回目】雨天中止・雨漏り点検と材料調達
【22回目】ステージ3・4の屋根入れ
【23回目】ステージ1・2の屋根入れ
【24回目】大量の壁板に防腐剤塗装
【25回目】ステージ2・3の水切り設置・壁下地ボードの隙間埋め
【26回目】壁下地入れ・隙間埋め・壁板貼り・看板戻し
【27回目】看板打ち用裏板入れ・壁板上部の面合わせ
【28回目】看板上の壁板入れ・壁の屋根設置・ステージ1壁下地入れ
【29回目】ステージ1屋根仕上げ・ステージ3壁屋根仕上げ
【30回目】雨天中止・材料購入
【31回目】全ステージ壁屋根仕上げ・ステージ1壁仕上げ・蛍光灯設置
【ラスト】雨どい仕上げ・壁下部仕上げ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。