アイロンビーズでFF4・カイナッツォを作りました

 

こんばんわ!

先日友達の山本一家(仮名)と沖縄に行った時に台風直撃レベルの豪雨に見舞われ洪水警報まで発令されどこにも行けずメインの観光場所が沖縄イオンだった丸窓店主です!

 

さて前回はスカルミリョーネにリベンジを果たしました。

【復讐】アイロンビーズでFF4・スカルミリョーネ作りました(1年ぶり2体目の挑戦)

 

今回はFF4・ゴルベーザ四天王の青亀代表・カイナッツォ選手を作りたいと思います。

 

前回の教訓を踏まえ

スカルミリョーネ第2戦目で得た教訓があります。

 

『いくら綺麗にアイロンかけようとしても絶対にビーズの目が潰れる』

 

これはアイロンを『強』で攻める場合は避けられない道であります。

なら『中』や『弱』を使えばいいじゃないか。

という話ですが、わたくし中と弱で幾度となく失敗を繰り返してきたド初心者野郎なので、今回も『強』で行こうと考えてます。

 

じゃあ目を潰さない為に、どうすればいいか?

 

そう、最初っから左右を逆にして作れば解決です。

『強』でかければ片側はどうしても潰れますが、ひっくりかえせば目が綺麗に残るのです。

前回のスカルミリョーネを見れば分かりやすいです。

 

こちらがアイロンをかけた面。目が潰れているのが確認できると思います。しかしこれをひっくり返しますと。

 

はい。目が潰れてません。この特徴を逆に利用します。

 

これが最初に用意したカイナッツォの図面。

でもこのまま作るとビーズ目が潰れる。

でもやはり四天王は『右向き』で作りたい。

という事で。

 

 

反転させた図面を用意しました。

アイロンがけが終わった後にひっくり返せば、右向きで目の潰れてない綺麗な作品が仕上がるというワケです。

 

作成開始

2019年6月14日・カイナッツォ着工

さてカイナッツォなんですが、僕は正直『スカルミリョーネより簡単だろう』と思ってました。そんな複雑でもないし、ひたすら青のグラデーションを作っていけばいいだけなので。

ところがどすこい。

意外や意外。結構むずかしい。

白から黒までの間に、青のグラデーションが6色あるんです。要するに完全再現するには白黒合わせて全8色が必要です。

今僕が持っているのがこれだけ。

 

『ちょうど8色あるじゃないか』とお考えのあなた。

 

 

甘いっ!!!!

 

まず右上の青とオーシャンブルーは色と色の差が近すぎます。アパマンショップのスプレー缶の消費期限より近い。要するにほぼ同じ色。事実上、2つで1色の様なもんです。

そして右下のラムネ色。こいつはクセが強い。深海魚のヤンソンフレステルセ~パクチーを添えて~ぐらいクセが強い。他の青と並べると微妙に浮いてしまう為、あまり多用はできません。

結局まともに『青のグラデーション』として使える色は4色となり、残りの2色は曖昧な判断で攻めていくしかありません。

 

突然ですが沖縄に行ってきました

 

作成再開

カイナッツォ一番の見どころである甲羅を完成させました。

 

水色と青が無くなりましたので作業中断です。

直方イオンのナノビーズ売り場が消滅していない事を祈ります。

買ってきます。

 

かろうじて直方イオンのナノビーズ売り場は息をしていましたが、主戦力となる黒の存在が確認できず、恐らく今の在庫がある程度はけたら消滅すると予想しました。

それはどうでもいいんですがなんと!

 

ここにきて新色登場!

『あおむらさき』を手に入れました!

これはプリンプリンセスが落とすピンクの尻尾より貴重な品であり、カイナッツォ作成において力強い味方となります!

もともとグラデーションの色数も少なかったので、この色はガチで即戦力!

 

かなり完成に近づいてきました。

 

『これはもしや、プレートからはみ出るパターンか?』疑惑浮上。

どう回避するか。

 

①線の左側だけで一度アイロンをかける。

②線の右側を作ってアイロンをかける。

③その2つを密着させ並べる。

④アイロンをかけて完成。

 

っていう手順を考えたんですが、どうしても怖い。

なんといっても境界線には20個ぐらいのビーズがひしめきあっておりまして、熱で溶けた20個のビーズ同士が密着できるのかどうかが本当に怪しい。限りなくオフホワイト。

 

初の試みで、こんな冒険をするわけにはいかん。

 

ギリギリまで作ろう。

 

おや?

ギリ入るか?

 

はいったーーー!!

マジでギリギリ入りました!!

 

2019年6月22日・ビーズ置き終了

 

そして来ました。

恐怖のアイロンタイム。

 

 

アイロンがけ

心なしかカイナッツォも不安そうな顔をしています。

 

ひいぃ!!

はみ出ます!!

尻尾が!!

大丈夫なのこれ!?

やばくない!?

 

ええい!ペーパーを二重にしてまえー!!

レッツアイロン!!

 

 

やばいっす。

そもそもペーパー二重なんて行為そのものが愚かでした。

アイロンすべらせたらペーパーも一緒にすべりやがって。

高橋大輔と浅田真央の即席エキシビジョンじゃねえんだぞと。

本当に心の底から『この紙、邪魔』って思えました。

 

1枚のペーパーだけでカバーできる範囲をアイロニングして、龍の盾で鎮圧しました。

あとはこの部分にもう1枚のペーパーあててかけりゃあOKです。

ここにきて龍の盾が、僕の予想以上の働きを見せてくれます。

作っといてよかった。

 

せーーーい!!

 

全てのアイロンがけ終わりました!

あとはこのまま冷えるのを待って剥がします!

 

あわわわわわわ

浮いとらす!!!

なんか浮いとらす!!!

もう後戻りはできない!!!

 

やっちまいやした。

ところどころボロボロと崩れてしまいました。

ほんとテンション下がります。

あーあ。

兄貴がジャスティンビーバーだったらなぁー。

 

よかった!修正できました!

左肩あたりを見てもらうと分かりますがやっぱビーズ目は潰れます。

ここで『資料を反転させた』効力を発揮させる為に裏返します。

 

ありがとうございます!

ビーズの目がしっかり呼吸をしております!

ちなみに亀は肺呼吸です!

しかも尻の穴で呼吸できます!

 

という事で明らかに合成っぽいカイナッツォも完成しました!

しかしまだ表面がウネウネなっていますので、もう一度全体的にアイロンをかけて重しを乗せ、一晩ねかせましょう。

おおー!

平らです!

はらたいらさんも納得の平らさです!

 

 

 

 

次は四天王3人目のバルバリシア作ります。

ここんとこ変なゾンビと変な亀しか作ってませんでしたが、やっとまともな物を作る時がやってきました。

カイナッツォと比べたら毛髪の量が2兆倍ぐらいある露出狂の美女なんで、気を引き締めて参りたいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。